SSブログ

七十の手習い その5 [クラシックギター]

昨日は、私がレッスンに通っている先生のリサイタルがありました。プラザノースホール

は私は初めて行きました。約400席1Fのみで247席なので、ギターには程よいホールだ

と思いました。先生のフレタの音はレッスンの時すぐ目の前でいつも聴いているのですが、

ある程度の容積があるホールで聴くとフレタの真価を感じることが出来ました。

        (写真は先生所蔵の1962年製フレタⅠ世)

       IMG_guitar(2).jpg

僭越ながら、先生の演奏は、曲に真摯に向き合った演奏で好感が持てます。けして大向

こうをうならせるようなオーバーな表現ではありません。抑揚のきいた緻密な演奏だと

思いました。

しかし、今回は後半指のアクシデント(1の指がつってしまった?)があり一時中断退場

されましたが、さすがプロです、回復して全曲演奏されました。(^^;

全12曲、ギターをやっている人なら、弾きたい、知っている、曲ばかりで勉強になりまし

た。

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。