SSブログ

ラベラ2001クラシカル ミディアムテンション [クラシックギター]

先日横浜で大学の古典ギター部のOBで、カンタービレ ギターカルテットのミニコンサート

がありました。久しぶりに皆さんと会えるので聴きに行きました。弦楽器店「カンタービ

レ」を経営しているF君が、最近はラベラが良いと言っていたので購入してみようと思いま

した。私の愛器1995年製マヌエル・ベラスケス用の弦は、これまで色々と使って来ました

が、ハナバッハの「シルバー200」しか決まりませんでした。「シルバー200」は値段が高

いので、普段の練習用などには使う訳に行きません。

最近では、サバレスの「カンティーガ・ニュークリスタル」やオーガスチンの「インペリア

ル・レッド」で迷っていました。もう1年くらい交互に使ってみて決めかねていました。

この2種類の弦は大変性格が異なる弦なのに、同じ土俵に乗せていること事態変な話なので

すが。(^^;


     812pPQyL-lL._AC_SX679_.jpg

私が知っている範囲で最も弦が安く買えるサウンドハウスは、売り切れでお取り寄せに

なっていました。サウンドハウスは2千円以上買えば送料無料なので、これまで何時も

2セット以上買っていました。仕方が無いので今回はアマゾンで買いました。(^^;

  DSC_0003.JPG

ラベラは今回初めて使用しましたが、私のベラスケスには合うと思います。オーガスチン

インペリアル赤を高音、低音が伸び伸びと出る感じにした印象です。押弦した感触も大変

良くて弾きやすいと思いました。2千円以下で買える弦としては、私のベラスケスは当分

ラベラで行こうと思います。

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。