SSブログ

MuseScore3 使ってみました その2 [クラシックギター]

前回、バッハのチェロ組曲第三番のプレリュードを入力してみました。実際に印刷して

練習してみました。元のサダノフスキー版は4ページですが、MuseScore3だと3ぺージ

にコンパクトにまとまりました。小節やページの割り付けはMuseScore3にお任せです。

運指やその他の記号などは、私用に簡便に書き直しているので大変見やすくなりました。

元の楽譜は、誰でも同じに弾けるように運指や記号が細かく書かれています。慣れてく

ると鬱陶しいです。(^^;

という事で、MuseScore3で自分用に楽譜を作る事のメリットがよく分かりました。

アルマンド以降は面倒だと思っていましたが、少しずつ入力を始めました。

無題ALz.jpg

まだ良く機能を理解している訳ではありませんが、2声くらいの楽譜は試行錯誤しながら

でも簡単に入力できます。

回路図作成ソフトなどと操作が似ているので、抵抗なく使えました。


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 2

Enrique

MuseScore1の頃はFinale並みに使いにくいと思いましたが,ずいぶんと改善されたようです。自動に任せてもレイアウトも変にならず良いです。
by Enrique (2021-02-02 18:29) 

たこやきおやじ

Enriqueさん

大変良い物を紹介頂き有難うございます。

by たこやきおやじ (2021-02-02 21:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。