So-net無料ブログ作成
オーディオ ブログトップ
前の10件 | -

天地真理を聴くためにTKS-27とDL-103の設定について [オーディオ]

タムラのTKS-27は2次負荷オープンで1次入力は300ΩでデンオンのDL-103を聴いて

いました。しかし、色々試した結果、2次には47kΩの抵抗を入れて、1次は100Ω、DL-

103の針圧は2.70gで聴いています。この辺が私的には最も「HiFi」の感じがします。

DSC_0001.JPG

真理ちゃんのライブ録音のレコードが一層リアルな迫力で聴けるようになりました。

(^^;

81A-w0wLR2L._SS500_.jpg

無題xx.jpg

20080102211312.jpg

これらのレコードは、生の天地真理の歌唱力を堪能できる貴重な録音です。(^^;

nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

天地真理を聴くために レコードにはマイペット [オーディオ]

以前にも書きましたが、私はマイペットでレコードのクリーニングします。市販の洗浄液

は使いません。クリーニングと言っても、新聞紙の上にレコードを置いてマイペットを多

めに吹きかけてティシュで拭き取るだけです。

これまでマイペットは、もらい物のかなり汚れやカビ等が目立つレコードだけに使用して

いました。昔自分で購入したレコードはクリーナー等で常に綺麗な状態で聴いてきました。

数百回かけたレコードが多いです。

もらい物のレコードをマイペットでクリーニングして気が付いたことがあります。それは

クリーニングしたそのレコードをかけて聴いた後盤面を見ると、まばらに粉を吹いたように

白い物が点々としています。レコードの製造時のワックスだと思います。

(写真は他からお借りしました)

mono50427274-170331-02.jpg

自分の綺麗だと思っていたレコードも、マイペットでクリーニングして聴いてみると、粉

が出ます。クリーナーで拭き取らなくても息をふっと吹きかけると簡単に飛んでいきます。

レコード針で掻き出された微細なワックスの破片です。

a.jpg

大切に綺麗に使ってきたレコードにも思わぬ落とし穴がありました。ワックスを掻き出すと

一層クリアな音質になった「気」がします。(^^;

「ツートラサンパチ」のマスターテープの音にまた一歩近づいたと自画自賛しています。

(^^;

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

しつこいですがdodocool DAP DA106ライン接続について [オーディオ]

くどいですが、DA106のライン出力を、私のカーステレオの入力インピーダンス47kΩに

直接つなぐと、少し音がヤセます。そこで、12kΩを並列接続して約10kΩとしました。

最近の半導体アンプのラインインピーダンスは10kΩ位になっているのでDA106もその位

が適している様です。タカチの小型のアルミケースに組み込んで使用できるようにしまし

た。ついでに、サンスイトランスST-32も1.2kΩ負荷で一緒に組み込みました。これでラ

イン出力とイヤフォン出力両方で使えます。DAPを忘れてもスマホのイヤホン出力でも使

えます。抵抗値の調整がうまくいきました。(^^;

515VH3BKrQL._SL1001_.jpg

このアダプターを作った事により、車の中でも天地真理のレコードやCDを24bit/198kHz

にハイレゾ化した音源を満喫できます。(^^;

img20181228_20281400.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ヘッドフォンアンプでも電源が重要? [オーディオ]

この前購入したFX-AUDIOのヘッドフォンアンプ用に、ACスイッチングアダプター12V5A

を秋月電子で買いました。これまでは5年くらい前に購入した中華人民共和国製の12V5Aの

物を使っていました。秋月の物も中華人民共和国製ですが、日本製のコンデンサーを使うな

ど日本のマニアを意識した製品の様です。

6128BtccG1L._SL1280_.jpg

秋月で購入したアダプターで聴いてみると、一聴して音のダイナミックレンジが広がり、

クリヤな音になったと思います。前のアダプターでも比較しなければ悪い音ではありま

せん。全くの思い付きで購入してみたのですが、成功でした。(^^;

天地真理のレコードだけでなく、クラシックのレコードも何枚も聴いてみました。(^^;

M-06961.jpg

自作の真空管差動ヘッドフォンアンプも、少し見直す必要を感じました。(^^;

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

くどいですが dodocoolのDAPのカーステレオ接続 [オーディオ]

結論から書きますと、DAPのライン出力をカーナビにつないでハイレゾ再生がちゃんと

できました。以前はカーナビ側のイコライザーがAUX端子の入力には効かないと勘違い

していました。実際にやってみるとちゃんと効いていました。(^^;

イコライザーはかなり調整しないと、走行時の騒音がかぶってしまいます。信号待ちの

一時停止などの時は十分にハイレゾ再生の効果は感じられました。(^^;


ホンダのカーナビVXM-185VFiです。

img_navi_image_vxm-195vfi_01.jpg

ホンダのハイグレードスピーカーです。ツィーターはフロントガラスの前あたりに取り付け

てあります。

freed201510-172.jpg

昨年買ったハイブリッドのフィットの同型車です。免許返納まで乗るつもりです。(^^;

pic_hybrid_l_rouge_amethyst.jpg

dodocoolのDA106

515VH3BKrQL._SL1001_.jpg

以上、何の参考にもならないと思います。悪しからず。(^^;


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

反省(^^; [オーディオ]

最近書いたDAPとカーステレオの接続関係の記事は、誤りと勘違いが多かったので一旦

削除しました。改めてきちんと書き直すつもりです。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ヘッドフォンアンプ FX-AUDIO- PH-A2J買ってみました [オーディオ]

自作の12AU7差動ppヘッドフォンアンプの自画自賛ばかりしてきました。(^^;

そこで普通の半導体ヘッドフォンアンプと比べてみるために購入してみました。このアン

プは16~600Ωまでのヘッドフォンのインピーダンスに対応しており、定評のある部品が

使われています。アマゾンの貯まっていたポイントを使ったので安価で購入しました。

電源は別売なので、12V、1A以上の推奨なので手持ちの12V、5Aの物を使っています。


6128BtccG1L._SL1280_.jpg

思っていたよりも良い音質だと思いました。スタインバーグのUR22mkIIのライン出力を

繋いでみると、直接ヘッドフォン端子で聴くのとは大きく違います。CD等のデジタル音源

を聴くのにはUR22mkIIはマランツM-CR611のへッドフォン端子と比べると鑑賞に耐えな

い音でした。しかし、このヘッドフォンアンプを介するとM-CR611と肩を並べるレベルに

なりました。

では、真空管プリアンプのライン出力をつなぐとどうでしょうか。PH-A2Jしか持っていな

ければ満足してしまうかもしれません。しかし、自作の真空管差動アンプと比べると、ダイ

ナミックレンジの問題だと思いますが、自作アンプの方が音楽が生き生きと聞こえます。私

の気のせいかも知れませんが。(^^;

ということで、PH-A2JはUR22mkIIのヘッドフォンアンプとして使うつもりです。

(^^;

a.jpg

a.jpg

天地真理の歌声は、レコードを真空管アンプで聴くのが最高の「贅沢」だと、私は勝手に

思っています。(^^;


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

シュアーvsデンオン [オーディオ]

シュアーM-97XEはこの前の試聴は、針圧を最大の1.25gで聴いていました。色々と試し

た結果1.10g位が良いと思える針圧でした。

(TKS-27以外の写真は他からお借りしました)

kaitekis_shure-m-97xe.jpg

shure_m97xe_3.jpg

DL-103は2.80gの最大針圧でずっと聴いていました。こちらも色々試して2.65gがベスト

と思われる針圧でした。

$_1.jpg

L_DL-103_D.png

昇圧トランスTKS-27は1次300Ωで2次オープンで使用していました。しかし、色々試した

結果1次300Ωと2次に47kΩ負荷が最適でした。2次オープンだと無帰還アンプの音の様に

なり、私の好みですが「HiFi」ではありません。音が柔らかいのは良いのですが、迫力が

少し無くなります。

(下は、自作のタムラTKS-27使用の昇圧トランスです)

DSC_0001.JPG

AU-320の昇圧トランスでDL-103とM-97XEは良い勝負になりますが、上のTKS-27の47

kΩ負荷では圧倒的にDL-103の方が「HiFi」です。(^^;

b_1__6_4b.jpg

なお、自作12AU7差動pp出力トランス付きヘッドフォンアンプは、学生時代から使ってい

たTelefunken ECC82が2本ご臨終となったため、Philipsの米軍放出品の5814Aを使ってい

ます。大変締まりの良い音で、オーケストラ等の迫力を良く再現してくれます。(^^;


令和の御代に、レコードのカートリッジや真空管の話をしても、もはや何の意味もありませ

んが。悪しからず。(^^;


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

HiFiと言う言葉を聞かなくなって久しいですが [オーディオ]

私が5年くらい前に購入したシュアーM-97XEの画像にHiFiが書いてありました。昔はオー

ディオ機器は何でもHiFiと書いてあった様な気がします。(^^;

学生時代は名機シュアーV15TypeⅢを使っていました。これの子か孫にあたる機種だと思い

ます。覚えている訳は無いのですが、M-97XEを学生時代よく聴いたレコードで聴いてみる

とV15TypeⅢを聴いているような気がします。若い頃の深層心理に刷り込まれたのでしょう

か。(^^;

(写真は全て他からお借りしまし)

kaitekis_shure-m-97xe.jpg

普段はデンオンのDL-103をタムラのTKS-27を昇圧トランスとして使用しているので、

イコライザーアンプの47KΩを外しています。この前、このトランスをパスして47KΩ

MM型も使えるようにスイッチを付けました。アンプ側はMCとMMの切り替えは簡単に

なりました。プレーヤー側は、M-97XEをアームにDL-103と付け替えればよいのですが。

とは言ってもシェル、カートリッジの水準器による水平垂直や、電子針圧計による針圧調

整(1.25g)、インサイドフォースキャンセラーの糸の架け替えなど、老眼の老人には少

し鬱陶しい作業です。(^^;

下は、シュアーV15TypeⅢがSMEのシェルに付いた写真です。当時はSMEのシェルは持っ

ていませんでした。今の、M-97XEはSMEのアームに付いていたSMEのシェルに付けてい

ます。SMEのアームは本来シュアーの様な軽針圧カートリッジに合うと言われていました。

i-img1200x765-156293691179v4hc698217.jpg

この1週間レコードをヘッドフォンで聴きまくっていました。M-97XEはティンパニーの質

感や立ち上がりが良く、オーケストラの低音が良く締まって聞こえます。オーケストラの各

楽器の分解能も大変良いです。充実した音質で音楽が聴けます。

DL-103は再度針圧や、昇圧トランスの入力インピーダンスを調整する必要を感じさせられ

ました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ヘッドフォンアンプ用の東京光音製アッテネーター組み立てました [オーディオ]

昨年購入したのですが、作るのが面倒で放っていたのをやっと抵抗を取り付けました。

このアッテネーターは、タムラ出力トランスを使用した、自作12AU7/ECC82差動PP

のヘッドフォンアンプに使用する物です。500kΩ型を作りました。今日では100kΩ位

が多いのですがインピーダンスが高い方が私は音が良いと思っています。(^^;

(写真は他からお借りしました。同型機です。)

817s0YGSZOL._SL1500_.jpg

下は以前にも出しましたが、自作のヘッドフォンアンプです。中身はほとんどトランスが

占めています。ヘッドフォンのジャックは後ろのパネルにキャノンコネクターを取り付け

てケーブルで自作の標準フォーンジャックのケースと繋いでいます。6.3mmの標準プラグ

をカチッと挿すのは気持ちがいいです。今日一般的な「ミニプラグ」は貧弱に感じます。

(^^;

DSC_0017.JPG

愛用のソニーとオーディオテクニカのヘッドフォンはインピーダンスが大きく違うので、ト

ランスの出力の2次巻き線を切り替えられるようにしました。


所で、一緒に購入した国産の抵抗器なのですが、値が間違ったものが2本ありました。今更

文句を言っても仕方がありません。届いてすぐにチェックしなかったのが悪いのです。

たまたま、同じメーカーの同じ数値の手持ちが有りましたので、何とかなりました。

(^^;

2個のヘッドフォンを真空管ヘッドフォンアンプで簡単に切り替えて聞けるようになりまし

た。アッテネーターのクリック感もなかなか良いです。音質も少し良くなった気がします。

(^^;

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - オーディオ ブログトップ